ホワイトヴェール インナーパラソル

ホワイトヴェールとインナーパラソルを徹底比較。価格や成分は?

ホワイトヴェールインナーパラソルを徹底比較しました。

 

これで飲む日焼け止めでどれを選べばいいのかの悩みが解消できます。

 

ホワイトヴェール インナーパラソル

 

 

ホワイトヴェールもインナーパラソルも「飲む日焼け止め」として最も人気のある商品ですね。

 

「でも、飲む日焼け止めってどう選べばいいのかわからない(:_;)成分とか価格はどこを見ればいいの?(:_;)」

 

と思ったのは私だけではないと思います。

 

そこで、飲む日焼け止めとして人気なホワイトヴェールとインナーパラソルを比較し

 

どこを見れば自分にあった飲む日焼け止めを購入できるのかをご紹介したいと思います!

 

 

まずは公式サイトで比較したい方はこちらから↓

 

>>>ホワイトヴェールの公式サイトはコチラ ホワイトヴェール インナーパラソル

 

>>>インナーパラソルの公式サイトはコチラ ホワイトヴェール インナーパラソル

 

 

ホワイトヴェールとインナーパラソルの成分を比較。

ホワイトヴェール インナーパラソル

 

ホワイトヴェールやインナーパラソルのような「飲む日焼け止め」は欧米諸国では主流の日焼け対策方法であり、日本でも女優やモデルなどでは常識となりつつあります。

 

しかし、日本の世間一般では「塗る日焼け止め」が主流で、市販で売られている飲む日焼け止めは品質の良くないものが多いのが現状です。

 

市販で売られている飲む日焼け止めには

 

  • ボタニカルホワイト
  • ロート製薬 / ヘリオホワイト
  • noUV (ノーヴ)

 

などがありますがこれらの主成分は「フェーンブロック」と呼ばれるものです。(※あまり効果がないとのうわさもあります

 

それに比べ、ホワイトヴェールやインナーパラソルに含まれる主成分は「ニュートロックスサン」と呼ばれる成分で、

 

ニュートロックスサンの研究結果では85日で56.1%も紫外線に対する保護力が増加したという実験結果も出ています。

 

このように成分だけとっても市販のものより優れているホワイトヴェールとインナーパラソルですが、

 

 

同じ成分が含まれているならどっちを買っても同じなの?

 

 

という疑問が出てくると思います。

 

 

確かにホワイトヴェールとインナーパラソルは同じような成分が含まれていますが成分量が違うのです。

 

ホワイトヴェールとインナーパラソルのニュートロックスサン含有量の違い

ホワイトヴェール インナーパラソル ホワイトヴェール インナーパラソル

 

 

ホワイトヴェールとインナーパラソルの決定的な違いに、ニュートロックスサンの含有量があります。

 

ホワイトヴェールもインナーパラソルも1袋60粒が入っていて、1日2粒を目安に飲みます。

 

この目安量を想定した場合ニュートロックスサンの含有量はそれぞれ、

 

ホワイトヴェールのニュートロックスサン含有量(1日2粒で) 125mg
インナーパラソルのニュートロックスサン含有量(1日2粒で) 250mg

 

となっていて、インナーパラソルの方がホワイトヴェールよりも2倍の量含まれていることがわかります。

 

ニュートロックスサンの1日の推奨量は250mgと言われています。

 

 

ですので、

 

単純にニュートロックスサンが多く含まれていて日焼け対策をしっかり行いたいと望むのであればインナーパラソルの方がお勧めです。

 

 

>>>インナーパラソルの公式サイトはコチラ ホワイトヴェール インナーパラソル

 

 

ホワイトヴェールとインナーパラソルのその他成分の違い

ホワイトヴェール インナーパラソル ホワイトヴェール インナーパラソル

 

ホワイトヴェールの全成分

シトラス果汁及びローズマリー葉エキス末、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子)、植物プラセンタ(メロン胎座抽出物、デキストリン)、バラ花びら抽出物、ザクロエキスパウダー、トマトパウダー(リコピン含有)、マリーゴールド抽出物、クチナシ、アーティーチョーク葉エキス/結晶セルロース、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、セラック、ビタミンD

 

インナーパラソルの全成分

シトラス果実・ローズマリー葉エキス末、還元麦芽糖水飴末、きのこ(ササクレヒトヨタケ)乾燥末、パイナップル果実エキス末(セラミド含有)/ビタミンP、ビタミンC、結晶セルロース、シクロデキストリン、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

 

 

上記の全成分を比較していただくとわかるように、

 

ホワイトヴェールの方がインナーパラソルに比べ成分量が豊富に含まれていることがわかると思います。

 

特にホワイトヴェールは美容成分が豊富に含まれていますので、

 

日焼け対策を行いつつも肌をトータルで守ることができるのがホワイトヴェールの特徴だと言えます。

 

日焼け対策は肌を守るために行うものですが、日焼け対策だけをしていて乾燥対策や保湿など肌対策ができていないと意味ないですよね。

 

なので、トータルで肌を守りたいという方はホワイトヴェールの方がお勧めです。

 

 

>>>ホワイトヴェールの公式サイトはコチラ ホワイトヴェール インナーパラソル

 

 

ホワイトヴェールとインナーパラソルの価格を比較

ホワイトヴェール インナーパラソル ホワイトヴェール インナーパラソル

 

ここまでホワイトヴェールとインナーパラソルの成分による特徴を見てきましたがやはり気になるのは価格だと思います。

 

 

ですが実は、ホワイトヴェールもインナーパラソルも単品価格は同じです。

 

 

違いがあるとすれば、お得に購入できる定期コースの値段や解約条件などです。

 

 

こちらの表を参考にするとよいでしょう。

 

ホワイトヴェール インナーパラソル
単品価格 7,560円 7,560円
定期、初回価格 980円 990円
定期、2回目以降 4,980円 5,600円
返金保証 〇初回分のみ返金可 ×無し
定期購入の解約条件 解約条件に縛りなし(1回で解約可) 最低3回のお受け取り
1袋

60粒
1日2粒でニュートロックスサン125mg

60粒
1日2粒でニュートロックスサン250mg

 

 

ホワイトヴェールの方が定期購入をするとお得ですし、解約条件に縛りがないので気軽に購入できることがわかります。

 

 

しかし、成分のところで見たようにインナーパラソルはニュートロックスサンの含有量がホワイトヴェールの2倍あるため

 

 

コスパで言えば決してインナーパラソルが高いわけではないということがわかると思います。

 

 

ニュートロックスサンの含有量でインナーパラソルを選ぶか、

 

 

美容成分もバランスよく含まれ、お手頃な値段で日焼け対策ができるホワイトヴェールを選ぶか

 

 

という選択になりそうです。

 

 

ホワイトヴェールとインナーパラソルの比較まとめ

ホワイトヴェール インナーパラソル ホワイトヴェール インナーパラソル

 

 

この記事ではホワイトヴェールとインナーパラソルを比較してきました。

 

この記事の内容をまとめると

 

ホワイトヴェール インナーパラソル

ホワイトヴェールのデメリット

  • ニュートロックスサンの含有量は少な目

ホワイトヴェールのメリット

  • 美容成分が豊富なのでお肌のトータルケアができる
  • 解約条件に縛りのない定期購入など手軽に試すことができる

 

ホワイトヴェール インナーパラソル

インナーパラソルのデメリット

  • 定期購入に縛りがあるため最低3カ月は使用しなくてはいけない

インナーパラソルのメリット

  • ニュートロックスサンが250mg含まれていて十分な効果が期待できる

 

 

飲む日焼け止めは即効性のあるものではないので

 

 

ご自身の用途に合った、継続して利用できる飲む日焼け止めを選びましょうね(^-^)!

 

 

↓購入しやすく、総合的に肌対策をしたい方はコチラ↓
>>>ホワイトヴェールの公式サイト ホワイトヴェール インナーパラソル

 

 

↓しっかり日焼け対策をして、長期的に続けたい方はコチラ↓
>>>インナーパラソルの公式サイト ホワイトヴェール インナーパラソル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ホワイトヴェールの関連記事はコチラ↓

 

page top